ThinkPad Battery Charge Threshold Setting (Windows 10)/ 充電閾値

参考1:http://in-the-mirror.net/?p=960
参考2:https://forums.lenovo.com/t5/Windows-10/Windows-10-charges-T450s-to-100-charging-threshold-not-respected/td-p/2138913

バッテリの劣化を考えると、充電閾値を設定したいが、Windows 8以降のlenovo settingsでは設定できず、レジストリをいじらないといけない。
Windows 10からは、さらにエントリの場所が変わった。
参考1の内容だけでは動作せず、参考2のようにしたところうまくいった。バッテリのシリアルはlenovo settingsの電源メニューから調べられる(たぶん最初からキーが存在する)。
50%以下充電開始、60%充電終了の場合:

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Lenovo\PWRMGRV\Data]
"ChargeStartControl"=dword:00000001
"ChargeStartPercentage"=dword:00000032
"ChargeStopControl"=dword:00000001
"ChargeStopPercentage"=dword:0000003c

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Lenovo\PWRMGRV\ConfKeys\Data\バッテリのシリアル]
"ChargeStartControl"=dword:00000001
"ChargeStartPercentage"=dword:00000032
"ChargeStopControl"=dword:00000001
"ChargeStopPercentage"=dword:0000003c

このような感じで変更し、リブートすると適用された。
それにしても、いちいちリブートするのは面倒。Windows 7までの省電力マネージャでは設定変更後すぐに適用されたので、どこかを叩くとできそうな気がする。
しかし、lenovoさんはこのメニューを隠さないで欲しいなあ。バッテリが早々にダメになって買い替えて欲しいのは分かるのだが…


ふと、実際100%充電の劣化がどの程度なのかと定量的に書いてある資料を探してみると

9.100%で普通充電してるとどの位劣化するの?⇒ロングライフモードを使用しない場合はどのくらい劣化するの?
毎日クルマを使用、充電するといった使い方の場合、100%充電と80%充電を比較しても、5年で約4%程度の違いです。
バッテリーは100%状態であることが負担になりますので、通常はロングライフモードを使用していただくことをお勧めします。

http://nissan-leaf-info.net/faq.php?category=6

ということであった。ただ、ポイントは「毎日使用、充電」というところで、ほとんど電源につなぎっぱなしのラップトップはこれに該当しないので、これよりは劣化するのではないかと思われる。

Cygwinのターミナル(MinTTY)で文字色を変更する

モニタによっては,黒背景に暗い文字だと読みにくいことがある.
ということで,特定の色(カラーコード)について,端末上の表示色を調整できるのか調べてみた.
(lsなど特定のコマンドの表示色を変えるということではない)

echo 'Blue=127,127,255' >> ~/.minttyrc
echo 'BoldBlue=191,191,255' >> ~/.minttyrc

How do I change the unreadable dark blue color Cygwin uses for directories? - Super User

単にANSIカラーコードに対して,RGBを環境変数としてセットしてやるだけであった.

Slate 7 ExtremeのGPS測位に数時間かかる/不安定

手頃な7インチタブレットの1つであるSlate 7 Extremeを手に入れたのだが,どうもGPSの様子がおかしい.
他の端末で安定して測位できる場所に数十分置いても,全く測位できない.
日を改めてもリカバリしても状況が変わらないので,hpに連絡したところ交換となった.
ちなみに,電話で言われた通りに製品出荷時の箱に入れたところ,交換品は簡易包装であったため,元々の箱が手元から無くなってしまった.これにはがっかりである.hpのみならずASUSも引き取りの際の梱包指示が一貫せず,スムーズにいかないことがあるので,海外メーカ各社の回収業務マニュアルは大丈夫なんだろうかと心配になる.国内メーカでは今のところ経験したことのないトラブルである.


しかし,交換された個体も同様で,なかなか測位できない.
仕方ないのでロガーを起動したまま丸1日放置したところ,開始数時間後に一瞬掴み,その後しばらくして安定して測位できるようになったようである.ところが,安心したのも束の間,翌日に持ち出して使用すると一向に測位しない事が多い(希に使える事がある).AngryGPSなど入れて,測位が速くなると言われる設定にしても特に改善は見られない.ちなみにA-GPSが正しく働いていれば数秒,スタンドアロンのコールドスタートであっても12.5分(*1)で軌道情報を取得して測位できるはずである.

諦めた.WiFi専用なのでモバイルルータ使いでないと持ち出すことは無いと思うが,ナビなどにする場合は要注意である.

(*1) http://www.cqpub.co.jp/toragi/TRBN/contents/2008/tr0802/p132-133.pdf

英字キーボード設定で日本語キーボードを使うためのAutoHotKeyスクリプト

他の方法では不都合が出るところがあり,AutoHotKeyで対応することに.せっかくなので公開しておきます.

Suspend, on

!^J::
 Suspend, Toggle
 Return

sc027:: send {;}
+sc027:: send {+}

sc028::send {:}
+sc028::send {*}

sc073::send {\}
+sc073::send {_}

sc02b::send {]}
+sc02b::send {}}

sc01b::send {[}
+sc01b::send {{}

sc07d::send {\}
+sc07d::send {|}

sc00d::send {^}
+sc00d::send {~}

sc00c::send {-}
+sc00c::send {=}

sc01a::send {@}
+sc01a::send {``}

+sc00a::send {)}
+sc009::send {(}
+sc008::send {'}
+sc007::send {&}
+sc003::send {"}

sc029::vk19
sc07b::vk1d

(ただし,変換キーとかなキーは入っていない)
起動時はサスペンド,Ctrl+Alt+JでOn/Off切り替え.

tmuxとssh-agent

クラスタなどを管理していると,tmuxなどターミナルマルチプレクサが便利だが,ssh-agent(forward)周りが面倒なことになる.
というのも,ssh-agentは環境変数SSH_AUTH_SOCKに入っているUNIXドメインソケットからアクセスできるようになっていて,これがログインの度に変わる.
しかし,tmuxの中では環境変数がそれに追随しないので,一旦detachしてlogoutした後,再度attachするとssh-agentにアクセス出来なくなる問題が起こる.
これを解決するために,SSH_AUTH_SOCKにシンボリックリンクを指定し,シェルを立ち上げる度にそれを張替えるという方法があるが,結構はまりどころが多い.

少し調べると,以下のようなものを.bashrcなどに書く方法が見つかる.

SOCK="/tmp/ssh-agent-$USER"
if test $SSH_AUTH_SOCK && [ $SSH_AUTH_SOCK != $SOCK ]
then
        rm -f $SOCK
        ln -sf $SSH_AUTH_SOCK $SOCK
        export SSH_AUTH_SOCK=$SOCK
fi

確かにこれで,単にdetach→attachする分には問題なくなる.
しかし,2台のクライアントから同一サーバにログインしたり,画面分割したpaneの両方で別のあるノードにログインしたりといった場合に都合が悪い.

クライアントAがログイン,シンボリックリンクはAのagent

クライアントBがログイン,シンボリックリンクはBのagent

クライアントBがログアウト,リンク先は無効

クライアントAでagentが使えない

解決方法はいくつかありそうだが,とりあえず以下のようにしてみた.

ログイン時(.bashrcなど):
自分のSSH_AUTH_SOCKを別の環境変数に保存しておく
シンボリックリンク先が有効でなければ,自分の持ってきたagentにリンクを張替える
SSH_AUTH_SOCKはシンボリックリンクを指しておく

ログアウト時(.bash_logoutなど):
今のリンクが自分のagentを指していた場合,自分以外の有効なagentがあればリンク先をそちらに変更,無ければ消す.

きちんとした検証はしていないが,クラスタ内を自由に移動しても問題は起きなくなったので,ひとまずOKかと.

AndroidのChromeでパスワードを同期出来ない問題

実はAndroidChromeは,Google純正ながら保存したパスワードを同期出来ない.
一応,話は進んでいるみたいだが,果たして.
https://code.google.com/p/chromium/issues/detail?id=113164
https://productforums.google.com/forum/?fromgroups=#!topic/chrome/ast7psZVeE4

ちなみにiOSChromeでは実装はされている.ただ,BASIC認証のID・パスワードを覚えてくれないし,呼び出すことも出来ない.

AndroidFirefoxは,この辺も全部サポートしてる模様.ただ,Chromeに乗り換えてしまったので,何とかならんかなと…

 
追記 2013/02/28
そろそろ入りそうです.
参考:https://code.google.com/p/chromium/issues/detail?id=113164#c43